MENU

 検索をしていく事でみつける事ができたのが神待ち掲示板でした。
助けて欲しい女の子たちの書き込みが山のようにありましたから、こちらでセックスの相手を探すことにしました。
助けて欲しい女の子と言うのは、面倒な駆け引きが一切ないらしいのです。
すぐに宿泊をさせて欲しいという気持ちがあるから、気軽に自宅に連れ込むことができてしまいます。
しかもその対価として肉体を提供してくれると言うのだから、美味しすぎる存在なのは間違いがありません。
掲示板を見ているだけでもチンコが勃起始まっちゃいました。
フリーメールを用意して、気になった女の子にメッセージを送っていく事にしました。
「宿泊するところがなくて困っちゃってて、助けてくれる人いませんか?
何でもできます」
これって一発やってもいいよって意味ですからね、かなりワクワクしながらメールフォームに書き込みをしていたんです。
これだけ困っている状態なんだから、即行で返信をもらうことができてそのまま連れ込んでハメハメって流れになるに違いないって妄想が止まりませんでした。
メール送信をした後から、フリーメールの受信ボックスをしょっちゅう確かめちゃったりもして。
そしてそのメールアドレス宛に、メールが届いてきました。
「やったぜ!」
意気揚々とメールを開封してみたのですが、どうも家出中の女の子のものではありませんでした。

 

【件名】
返事遅れてごめ〜ん
【本文】
愛菜っていいますぅ♪
まだまだ経験不足で不安だからいろいろと教えて下さいね
私の写メは下のURLにあります!!

 

明らかに家出をしている女の子のメッセージとは違うものでした。
さらにメールは届いてくるのですが、それらも家出中の女の子のものではありませんでした。
似たようなメールがたくさん届くようになっちゃって、脳内パニック状態になっていました。