MENU

 バイト先の先輩は神待ちの女の子とセックスを楽しんでいる、初耳だったから驚いてしまいました。
相手の見つけ方を教えてもらえるかもしれない、そんな淡い期待も湧き上がってきました。
なんたって経験者なんだから、出会うノウハウなんかちゃんとわかっているに違いありません。
それを教えてもらえば、迷惑メールだけなんて事はないはずです。
「どうやって相手を探してるんですかは?」
「知りたいか?」
「知りたいですよ、セックス全然やってないから極度の欲求不満ですから」
「そうかそうか(笑)。
無料の掲示板と言うものは、悪質な利用者が多かったり、それと悪質なサイトの入口になってたりもするからとても危険なんだよ。
迷惑メールだけで助かったかもしれないぞ。
会って恐喝されて金を取られるような被害もあるからな」
「それって本当なんですか?」
そんな悪質な詐欺行為までが蔓延っているとは、さすがに自分もこのような事は無知だったので驚くばかりです。
無料の掲示板なんか使っていたが、身に危険が及びそうな気がしてしまいました。
「だからね、しっかりしたサイトを利用するのが一番安全な出会いの方法なんだよ」
「それってどんなサイトなんです?」

「出会い系サイトってあるだろ、あの中でも優良と言われているサイトを使うんだよ」
「優良なんてあるんですか?」
「ごく一部だけど健全運営している出会い系があるからね」
「神待ちって金がないからそんなの使えないんじゃないの?」
「なにを言っているんだ、男は有料だけど女は無料で利用ができるんだよ」
なるほどって感じがしました。
女の子は無料だったら気兼ねなく助けてくれる相手を探すことができてしまいます。
「安全なサイトに女は集まるからね、だから優良出会い系で家出中の女を探せばいいだけなんだ」
優良出会い系サイトの中にも神待ちがいる、安全に出会いを探すことができるとならば自分も利用しなければならないという気持ちになりました。